/* *

台湾でスマホを格安で,現地で買うより安いSIMカード

2019年5月3日

今や海外旅行でもスマホは必須、
そして台湾でスマホを安く使うなら台湾のSIMカードが必須です。

ドコモなどの海外用サービスを使うと通信料が1日千円以上するので、
旅慣れた人なら「SIMフリースマホ」で現地のSIMカード使うのが常識ですよね。

まだSIMフリースマホをお持ちでない方は、まずは
イオシスで中古品を格安で入手してみてはいかがでしょう。
イオシスさんはちゃんと「SIMフリー」というカテゴリーが用意されていますね。
中古スマホの場合バッテリは消耗してる可能性があるので、
必ず「バッテリー交換可能」な機種を選びましょう。

さて、台湾の場合どこのSIMカードを使うか?
台湾なら空港のSIM売り場でも片言の日本語で対応してくれ全く問題ないけど、
私のお勧めは事前に下記を入手しておくことです。

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信無制限 (5days)

新品価格
¥850から
(2019/3/25 20:03時点)


空港のSIM売り場で買うより安いので「大丈夫?」なんて思ってしまうけど、
実はこのFarEasToneはドコモも出資している、信頼できる大手通信会社。
今まで3枚利用したことがありますが、何も問題ありませんでした。

事前に設定済ませておけば到着後すぐにスマホを利用できます。
台北桃園空港は入国審査で1時間位待つこともあるので、
そのとき即スマホが使えると、待ち時間に家族に到着メールしたり、
台北の美味しいお店をググったりできて、有意義に過ごせます。

5日間使い放題でこの値段は本当素敵ですが、売り切れのときもあるので
利用が決まったら早めの調達をお勧めします。

なお上記は「データ通信専用」なので、通話はIP電話が必要です。
無料通話付で数百円高いSIMも売られている場合があります。

日本への電話ならIP電話で十分ですが、
現地のお店などに電話する機会があるなら通話付がお勧め。
二人で旅行する場合も、二人ともこの通話付SIMを装着しておけば
離れ離れになっても確実に連絡とれるので心強いですよ。

ではでは、今回はこの辺で。(@^^)/~~~