/* *

大高緑地公園で手軽に散歩と野鳥鑑賞-3(若草山)

国内,愛知野鳥,若草山,大高緑地,アベック,メジロ,シジュウカラ,ハクセキレイ

名古屋市緑区の大高緑地公園で、琵琶ヶ池と若草山を通って
計6000歩程度で池・山・野鳥を楽しめるお手軽コースの最終回。
前回の琵琶ヶ池コースに続き、今回は若草山コースの案内。

若草山を時計回りに回る黄色のコース。メルヘン広場からスタート。
スタート地点(メルヘン広場)の案内図

若草山は山とは言えど実際はなだらかな芝生の丘。芝生を直接上ることも十分可能ですが、
ここはオーソドックスに整備された坂道(下の写真)を上ることとします。

若草山の展望台に繋がる坂

スポンサーリンク

大高緑地のアベック殺人事件?

坂の入口に「アベックを狙う犯罪に注意」なんて物騒な注意看板があります。

アベックを狙う犯罪に注意、の物騒な看板

「アベック」という用語自体最近あまり使わないので、最近の若者は??かもしれません。
これは1988年に起きた、不良少年グループ6人によるアベック殺人事件のこと。

安井は当時まだ子供でしたが、この事件は印象に残っていて、
以後しばらく「大高緑地は危険」という印象すらもっていました。
当時「名古屋市緑区」といったらド田舎、ましてそのド田舎にある公園といったら
犯罪なんてほど遠い世界という感じでしたので。

さておき、展望台を目指して歩きましょう。

乗り物が通れないようあえて中央に案内板が立っています。

若草山の展望台へ向かう道は野鳥多し

このあたりは結構野鳥が多く、とくにメジロやシジュウカラはかなりいる印象です。
できればエナガも混じってくれると嬉しいのですが、残念ながらまだ会えていません。

メジロ
次々と木の枝をついばんでいたシジュウカラ
松ぼっくりをついばむシジュウカラ

若草山の展望台へ向かう道は動物のオブジェ多し

野鳥以外に、動物のオブジェも多いです(全然関係ないですが)。

ちなみにこのオブジェ、椅子の代わりにもなり、子供も喜びそう。
かくいう安井も、頂上で猫の上に座って景色を楽しんでいます。

展望台への道は、随所に子供が喜びそうな動物のオブジェがあります
猫のオブジェ。背中の部分に座って椅子にすることも可能。
向かい合って座れますね

若草山の展望台、晴れた日は御嶽山も見れる

山とはいっても若草山は超初心者仕様、すぐに展望台にたどり着けます(^-^)。
ここから見る景色はとてもよいので、心身ともにリフレッシュできます。

展望台
展望台からの景色は上々。天気の良い日は御嶽山も見えます。

若草山からメルヘン広場に階段で降りる

さて、来た道を引き返すのはつまらないので、帰りは森林の中の階段を使います。
展望台の左側に下の写真のような階段への入口があり、ここを使うと
メルヘン広場まで森の中を通ってショートカットできちゃいます。

展望台の左側にある、「メルヘン広場」までのショートカットの階段。
階段なので、上ってきた時より少ししんどいかもですが、森林浴しながらショートカットできます
向こうにメルヘン広場が見えてきます。

少し歩くとメルヘン広場のロングスライダーが見えてくるので、迷う心配もありません。

メルヘン広場のロングスライダーが見えてきました。
メルヘン広場の売り、「ロングスライダー」。残念ながら大人は使えません。
メルヘン広場

これで若草山コースも終了。琵琶ヶ池コースと合わせて6000歩程度で手軽に楽しめる、
池あり山ありのコースでした。今回の二つのコース合わせても大高緑地の10分の1位しか
通ってないので、本当に巨大な公園です。

正直、池だけの散歩であれば、大高緑地の琵琶ヶ池よりも豊明の勅使池の方が楽しい。
大高緑地は若草山のような高低差を満喫してこそ、良さが味わえると思います。

では、お疲れさまでした!